お部屋

room-260-03

木造モルタル2階建て(2000年10月に国の登録有形文化財に登録されました。) 文部大臣の諮問機関の文化保護審査会は平成12年7月18日、全国140件を登録有形文化財に指定するよう答申した。 東北では、ゆさや本館と土蔵等5ケ所、9件が指定さました。
ゆさや本館は、昭和11年に改築された建物で、木造二階建て、入母屋造りのかわらぶき屋根、表側の梁は建物の端から端まで12間半の一本丸太、ロビー付近の柱は太い栗材を使用している。昭和37年に改造されているが、柱の位置等は変わっていない。昭和11年の改築の前は、明治23年に付近の出火で類焼したことから新築されたが、この焼失した建物の写真を見ると、現在のものと間取り等は変わっていないように思われる。つまり建築様式及び構造は江戸時代から殆ど同じと考えられる。
この地区は純防火区域となっており、立て直す時には鉄筋にしなければならないことから、ゆさやとしては貴重な現在の木造旅館を大切にし、できるだけ永く旅館として使用していきたいと考えております。

・客室 和室12室(バス・トイレなし)
和室2室(トイレ付)
インターネットでご予約できる客室はトイレなしのお部屋となっております。トイレ付のお部屋ご希望のお客様は、お電話にてお問い合わせ下さい。
・収容人員50人
・宴会場は広さを変えられますので小グループから団体のお客様50名様程度までご宴会ご用意いたしております。
※個人のお客様はお部屋食が基本です。

room-260-02room-260-04 room-169-01

       外観               正面          ロビー